1. 81843 view|最終更新 20/12/16

Patch 5.4 での侍サブステについて。

サブステンゼン。誤り等があればご一報くださいませ!

※2020/12/16 … 零式不参加プレイヤー向けの装備例を作成。
※2020/12/09 … 5.4 対応。全体更新、過去情報を割愛。
※2020/03/05 … 5.2 対応。装備例など追加。

※2020/01/30 … スキルスピード対応表追加。
※2019/10/23 … 情勢と実測値に基づき加筆修正。

開幕まとめ

サブステータスの優先順位は以下です。

1. クリティカルヒット
2. ダイレクトヒット
3. 意志力

少し前のお話を折りたたみ。

Patch 5.1 までは DH > CH ≧ 意志 でした。3.x や 4.x はまた別ですがさておき、DH = ダイレクトヒット、CH = クリティカルヒットのこと。以下はなぜそうなるのかの根拠などを折りたたみ。気になる方だけご覧いただければおっけーでござる!

5.X サブステータス考察 – Lodestone
…大変わかりやすくまとめてらっしゃいます。お時間の無い方はこちらだけ見れば良いくらい。「DH と CH の増加値を足し 4900 を越えたら CH が序列一位」はわかりやすい。

ShadowBringers Tier Sheet – TheoryJerks
…↑の方も参照しているデータをスプレッドシートにまとめたもの。直感的にわかるはず。

FF14 レベル80での各サブステータス 簡易解説 – Eorzean
…こちらも大変まとまっています。

FF14 レベル70での各種パラメータ計算式【翻訳】 – Eorzean
…レベル 80 時代との比較用。

上述の通り、既に情報は集積されており、本記事はそれらを利用しているに過ぎません。新発見や新事実はないでござる。あくまで既存情報に基づき「侍の立場でサブステを考えよう」の記事です。

優先順位の理由

CH は大器晩成型です。クリティカルヒットのダメージ倍率と発生率の双方に関与しており、Patch を重ねるにつれて IL ≒ 増加量が多くなることから、5.0, 5.1, 5.2 …とパッチを経るほど価値が上がります。5.0 でステータス 1 あたりの効果が下げられたため、増加量が少なかった時期は相対的に DH が優位となっていました。現在は数値の増加に従って CH が最重要サブステータスです。

DH はダイレクトヒット発生率のみを補正し、発動すればダメージ倍率は 125%。CH に比べダメージ倍率は低いですが、発動率の伸びの良さがあり、CH との同時発動があり得る点が強力。意志力の安定感も決して悪くないのですが、やはり相乗効果というのは強いものです。

ただ、完全に意志力特化の構成ならダメージのブレが少なく割といいなんて話も聞きます。興味のある方はお試しになるのも良いかもしれません!というように、慣れてきたら違うスタイルを模索するのも楽しかったりします。破綻しない限界までスキルスピードを詰めてみたり。が、そうした部分まで扱うと大変長くなるため、最大公約数的な内容をサクッとまとめるのが本記事。

優先順位の変動

上述のとおり、CH が大きく伸ばせるようになった Patch5.2 以降は明確に CH が優位といえるでしょう。それまでは DH が有利だったわけですが、DH はダメージ倍率が 1.25 倍の固定ゆえ、ダメージ倍率も増やすことができる CH に抜かれてしまうのです。

また、バトルリタニー (発動率10%↑)、連環計 (発動率10%↑)、攻めのタンゴ (発動率20%↑) といったクリティカル系バフ全部盛りであったらば、5.0 時点でも CH 重視はアリでした。CH が DH を上回る閾値が 4900。5.1 直前の私が DH2999/CH2565 で増加総量 5564 だったので、概ねそんな感じ。

スキルスピードがない理由

他と異なり、スキルスピード (SS) は高ければ高いほど良いステータスではないからです。定量的な順位に含める性質ではないと判断しています。各々の好みに応じ、他サブステやアビリティとの兼ね合いを考慮のうえ、目標値の確保をオススメします。個人的おすすめは 685 から 811 の間です。

スキルスピードの効果

GCD (Global Cool Down … ウェポンスキルが再使用可能となるまでの間隔) を短縮する効果とオートアタックのダメージ量増加がよく知られますが、継続ダメージ (DoT) のダメージ量も増えます。侍は全ジョブでも出色の DoT 技「彼岸花」を持ち、乱れ雪月花は詠唱技であるため、それらに作用するスキルスピードの恩恵は他ジョブと比べ大きいといえます。

しかし、GCD 短縮はコンボ構築の判断猶予を減少させます。いかに効率よくコンボを打ち込み続けられるかが侍の肝心で、判断が遅かったり、焦って間違えるようであれば宝の持ち腐れです。「燕返し」と「明鏡止水」の運用、閃や彼岸花の管理、ギミック処理との兼ね合い等々、スキルスピードは多様な部分に影響を及ぼします。プレイ感を含め、自身の扱える範囲に収めるのが良い塩梅ですね。

スキルスピード対応表

士風バフ付与下で、SS がいくつなら GCD が何秒になるかの対応表は以下。縦長なので折りたたみ。

対応表をひらく (縦長注意)

オススメの数値をいくつか色付きにしています。オススメ 1 が本ページでも扱う構成例です。オススメ 2,3 もアビリティの噛み合いがよく、総合力ではひけをとりません。リズムと勢いで雪月花をガンガン回したい方向け。

GCD SS 備考
2.17 380 裸
2.16 457
2.15 558
2.14 685  オススメ 1
2.13 812
2.12 914
2.11 1040
2.10 1142
2.09 1269
2.08 1370
2.07 1497 オススメ 2
2.06 1624
2.05 1726
2.04 1853
2.03 1980
2.02 2081
2.01 2208
2.00 2310 オススメ 3
1.99 2437
1.98 2538
1.97 2665
1.96 2792
1.95 2894
1.94 3020
1.93 3147
1.92 3249
1.91 3376
1.90 3477
1.89 3604
1.88 3706 Patch 5.2 理論値 (3783)
1.87 3833
1.86 3960 Patch 5.4 理論値 (3983)
1.85 4061
1.84 4188
1.83 4315
1.82 4417
1.81 4544
1.80 4645

最終装備例 (Patch 5.40)

武: エデン零式 (天眼x2)
頭: エデン零式 (武略x2)
胴: エデン零式 (天眼x2)
手: 黙示 RE (武略x2)
腰: 黙示 RE (天眼x2)
脚: 黙示 RE (天眼x2)
足: 黙示 RE (武略x2)
耳: 黙示 RE (天眼x1, 戦技x1)
首: エデン零式 (天眼x2)
腕: エデン零式 (天眼x1, 戦技x1)
指: エデン零式 (天眼x2)
指: 黙示 RE (武略x2)
食: ピッツァ HQ

「FF14俺tools」さんでは以下。

STR5597, CH 3581, DH 3826, SS 711, 意志 1494

スキルスピードを 685~811 (GCD 2.14) に収めたうえでクリティカルヒットとダイレクトヒットを最大化。それらが収まらないマテリア穴には意志力となります。食事ピッツァHQです。ピザではなくピッツァです。Pizza。

零式不参加の方向け装備例。

ほどほど装備例 (Patch 5.40)

「零式は不参加に候!」「まてりあ禁断は御法度……」「所持金2ぎるでござる!」そんなあなた向けの装備例はこちら!

武: えめぽん (天眼x2) → 黙示 RE (武略x2)
頭: エデン通常 (武略x2)
胴: エデン通常 (天眼x2)
手: 黙示 RE (武略x2)
腰: 黙示 RE (天眼x2)
脚: 黙示 RE (天眼x2)
足: 黙示 RE (武略x2)
耳: 黙示 RE (武略x1, 戦技x1)
首: 黙示 RE (武略x2)
腕: エデン通常 (武略x1, 天眼x1)
指: 黙示 RE (武略x1, 戦技x1)
指: 黙示 (天眼x1~)
食: ピッツァ HQ

「FF14俺tools」さんでは以下。

STR5230, CH3374, DH37365 SS706, 意志1536

装備の方向性は最終装備例と同一です。コンボのテンポを一定に保つのは慣れによる上達に直結するため、スキルスピードは700台での運用を強くおすすめします。揃えるためには極エメラルドウェポン破壊作戦、希望の園エデン:再生編の攻略とトークン「黙示」の入手、後に実装されるアライアンスレイドの攻略が必要です。黙示シリーズはそのアライアンスレイドで強化用素材を入手できます。それまでは強化前のモノで大丈夫。また、現時点でエデン通常が選ばれている箇所は同部位の黙示装備を強化してもエデン通常版を超えないため、エデン装備と黙示装備での置き換えは発生しません。

そしてこれはあくまで一例であり、個々人の環境次第で解は変わります。ギルはあるから新式 HQ でまとめる、黙示は他ジョブに使いたいからエデン通常ドロップだけに絞る等々。ご自身のプレイスタイルにあわせてご判断くださいませ!

おわりに

5.4 でクリティカルヒットの優位はより盤石となり、つられてダイレクトヒットもその相棒として不動の地位。基本はこのふたつで選べば間違いはなく、スキルスピードを 700 台と調整できるといいね、くらいの印象です。

もちろん、IL やメインステータス (STR)、そもそものスキル回しの巧拙など、削り能力の要因は多岐に渡ります。精一杯やってみたり妥協してみたり、できる範囲で精進していきたいですね!

侍の最近記事

  1. 操作の復習はクガネ登山に限るでござる!

  2. 日曜夜に侍イベントでござる!

  3. 先週末のイベント反省会でござる!

  4. 今日明日のイベント告知と白魔60。

  5. 「侍とったけどなんもわからん」な方向けの図。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去目録

PAGE TOP