1. 日記
  2. 311 view|最終更新 20/01/29

誰が呼んだか、見届け侍。

「助けて」「手伝って」「力を貸して」。

エオルゼアには、きょうも助けを求める声がこだまします。

彼らに救いの手を差し伸べるは、冒険者の本懐でもあって。

 

しかし、ちょっとまってほしい。

彼らが本当に求めているものは、なんでしょうか。

私やあなたが、代理で遂行してよいのでしょうか。

果たして、彼らはそれを真に望むのでしょうか。

 

 

背中を押して欲しいだけなのかもしれません。

あと一歩を踏み出す勇気を。

いま拳を突き上げる情熱を。

きっかけが欲しいだけなのかもしれません。

であらば、どうすべきかは自明。

 

 

拙者、彼らの背中を、そっと押す者に候。

拙者、彼らの一歩を、そっと見守る者に候。

 

ひとは、拙者を、見届け侍……と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見殺し侍。

 

日記の最近記事

  1. 快調な 5.2 滑り出し。

  2. アプデ後の予定を立てたでござる!

  3. うなぎ!!!!

  4. キタリ族は侍。

  5. まじめなので。

関連記事

コメント

    • 名乗る名を思い出そうとしたがそれすら忘れた
    • 2020年 2月 02日

    もーどぅなのふぇいと、でござるな!

    ふむ、奇遇でござるな。拙者もこの者に護衛の任を依頼されたでござる。れう゛なんつとーるから近隣までの護衛であったが、拙者にかかれば何のそのであったが、御仁は「護衛など要らぬ程よのぅ」と強気。なればこそ、この御仁の強さを是非この目に焼き付けようと、自身の強さをまた高める為、ひっそりと後を付けたでござる。

    結果は・・・まぁ拙者がこの場で口にするまでもない詮無き事であった。

      • 松乃雪
      • 2020年 2月 12日

      かの調査員殿、「策士策に溺れる」「驕る平家は久しからず」などの故事を思い出す有様でござった……₍՞◌′ᵕ‵ू◌₎
      それでも気づいたら翌日にはまた同じ場所でかわらず護衛を募集されていたため、あるいは彼は既に「れゔなんつ」なのではというのが拙者の最新研究でござる!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

御意見箱

過去目録

PAGE TOP