1. 随筆
  2. 191 view

すごく良い雰囲気のパーティが解散になって悔しかったお話。

先日実装された、極青龍征魂戦でのお話です。クリア済みのプレイヤー限定、周回目的のパーティに参加しました。みなさん挨拶もしっかりされ、マクロ確認や準備もスムーズ。軽く雑談などしつつ、和やかに迎えた一戦目は、ひとつの簡単なミスもなく、さくっとクリアできたのです。

これなら、さくさくと周回できそうかな!と感じました。しかし、どこで歯車が狂ったのか。続く二戦目以降、(私を含めた)それぞれがミスを連発。結局、1時間を経過して初回しかクリアできず、残念ながら解散となってしまいました。……今回のお話、個人的にもっとも堪えたのは、

「緩やかに重くなる空気を変えられなかったこと」

です。たくさんクリアできなかったことではなく。みなさんの人柄のお蔭で険悪な空気にはならなかったけれど、どこか「こんなはずでは」の空気が漂ったままお開きになったのが、とても、とても心残り。

「クリア者を集めたクリア目的パーティで、クリアできなかった」

という厳然たる事実が、解散へ至った最大の原因であります。決して、メンバーの口数が減ったからではなく、目的を達成できなかったがゆえの決断。それでも、少しでも何かを持ち帰ることができていたら。

そもそも、初回は本当に綺麗にクリアできたとはいえ、8人全員が8割の成功率だったとすれば、処理ミスが頻発し、結果的に失敗が続くのも、おかしな話ではありません。実装当初である以上、そこは織り込み済みとすべきでしょう。そして、失敗の連鎖が少しずつ重圧となるのも確かで、であればこそ「ドンマイ!」という声かけを、もっとできたはず。

……でも当時は、これら冷静かつ前向きな判断と対応ができなかった。クリアできなかったことよりも、そのことが悔しい!!今回の失敗の最も大きな要因は、夜勤明けかつ睡眠時間が短かったため、ゲームプレイ時、テンションはだいぶ控えめであったこと。また、支障がないと判断してはいたけれど、自身の操作(ギミック成功率)にも影響があったかもしれません。

疲れからくるナニカに身を委ね、自分のしたいこと、自分のすべきこと、自分にできることをしなかった。そして、他の方に寄りかかり、おまかせしてしまった。ちょっと無責任というか、筋が通ってなかったね!

今後も、体調不良となることはあるでしょう。体調管理も、もちろん大事ではあるけれど、大切なのは、例え体が弱っていても、心だけは鈍らせないこと。今回の悔しさと申し訳無さを糧に、自分にできることを、無理のない範囲で精一杯やっていきたいと思います!

随筆の最近記事

  1. 「昔より 主を討つ身の……」

  2. SS加工を「しない」理由。

  3. したらダメなことをやったらダメにござるよ。

  4. パーティ募集とレイドファインダー。

  5. ル・フル・ティアとアヴィールと冒険者。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去目録

PAGE TOP