1. 7904 view|最終更新 19/12/04

漆黒時代(5.x)の侍サブステについて。

さぶすてんぜん。

※10/23 追記 … 情勢および実測値にあわせて加筆修正。

開幕まとめ

5.1まで … DH>CH≧意志。
5.1から … CH>DH>意志。

以下は、なぜそうなるのか?SS(スキルスピード)が含まれないのはどうして?などを記述していますので、気になる方だけ読み進めていただければおっけーでござる。DH=ダイレクトヒット、CH=クリティカルヒットです。

参考情報や記事

5.X サブステータス考察 – Lodestone
…大変わかりやすくまとめてらっしゃいます。お時間の無い方はこちらだけ見れば良いくらい。「DHとCHの増加値を足して4900を越えたらCHが序列一位」はわかりやすい。

ShadowBringers Tier Sheet – TheoryJerks
…↑の方も参照しているデータをスプレッドシートにまとめたもの。直感的にわかるはず。

FF14 レベル80での各サブステータス 簡易解説 – Eorzean
…こちらも大変まとまっています。

FF14 レベル70での各種パラメータ計算式【翻訳】 – Eorzean
…Lv80時代との比較データ用。

上述の通り、既に情報は集積されており、本記事はそれらを利用しているに過ぎず新発見や新事実があったりはしないでござる。あくまで既存情報に基づき「侍の立場でサブステ考えてみよう」なアレです。

補足1. CHの優先順位が逆転する理由

増加量が小さいと効果が薄い大器晩成タイプで、Patchが進むにつれてIL≒増加量が高まるからです。

伝わる方には「紅蓮時代初期とおなじ状況」で一発。おそらく、次の拡張でも同様でしょう。

5.0実装に伴い、ステータス1あたりの効果量が変わりました。DHは発生率0.1%上昇に必要な値が4→6(1.5倍)となり、CHや意志力も同様に1.5倍に。いずれも平等に調整されたのなら序列は変化しないように思えますが、CHは「発生率」と「ダメージ倍率」の2つが変動するため、調整の影響を大きく受けるのです。しかしそれは、総量増による伸びが良いことの裏返しでもあります。ゆえに、徐々に効果=価値があがっていくわけですね。

補足2. 逆転する時期の理由

バトルリタニー(発動率10%up)、攻めのタンゴ(発動率20%up)、連環計(発動率10%up)といったクリティカル系バフスキルが存在する状況であれば変わってきます。全部アリなら、5.0時点でもCH重視はアリでした。

5.10直前の私は、DH+2999とCH+2565で “5564” 増えます。CHがDHを上回る閾値が4900ですので、私のケースであれば既に CH>DH>意志 の序列となっています。実際にはSSを調節するケースもあるため「5.1から」の表記としました。

補足3.スキルスピードが含まれない理由

他と異なり、SSは「高ければ高いほど良いステータスではないから」です。

GCDが短くなることによる判断猶予の短縮、閃や彼岸花の管理、(いまのところ)主力技である「燕返し」及び「明鏡止水」やコンボの操作……様々な部分に影響を及ぼすため、自身の扱える範囲に留める選択が現実的である以上、定量的な優先順位に含める性質のものではないように思います。

GCDがいくつなら各種アビリティと噛み合うかを考えたうえで、目標値が設定できるならその値まで確保する。他クラスと同様の扱いになるかと考えます。DoTやオートアタック強化が強力ならまた変わってきますし、今後の情報状況次第ではあります。

燕返し後のGCDは2.5秒固定であること、居合技のcastはSSでも短縮されないことも鑑みれば、紅蓮時代に比べて優先度は低いように感じますが、侍は剣気や閃に依るため他ジョブと比べ効果が高い点は従来どおりです。十分に操縦できかつ他サブステを犠牲にしない範囲で高められるならば、人によっては最優先に近い位置づけとなる可能性はあるでしょう。

※燕返しは修正されました!

おわりに


すごーくざっくり言えば、SSを除き、紅蓮時代と同様のスタート地点で、同様の経緯を辿るように思います。もちろん様々な周辺状況は変化していますけれど、概ねの流れとしてはそんな感じ。

ILやメインステータス(STR)、そもそものスキル回しの巧拙など、削りに関わるモノは多岐に渡ります。精一杯やってみたり妥協してみたり、できる範囲で精進していきたいですね!

  • コメント: 0

侍の最近記事

  1. 「侍ジョブクエストのヒロインは?」

  2. 照破くんがちょっと光るようになったでござる。

  3. 侍83名にPatch5.1の感想を聞いたでござる。

  4. Patch5.1の侍レビュー。

  5. 第55回PLLから侍関連を抜粋。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去目録

PAGE TOP