1. 刀剣目録
  2. 406 view|最終更新 21/08/30

[刀剣目録] フェイブレード

動画
静画(ミラプリ/染色例含む)

寸評

第一世界に存在する妖精の里に関連した刀です。木材を加工した鞘や柄など、妖精のエッセンスが感じられる一品です。先出の同系色違いの一振りと比べ、佩用に制限がなく、着色できるのが大きなポイントです。

形状

菖蒲造
… 細 直刃
… 木製、飾りはたぶん鉄以外の金属。
… 木製、飾りはたぶん鉄以外の金属。
… 木製、飾りはたぶん鉄以外の金属。

仕様

IL/Lv … 400/73
絡繰 … あり
染色 … 可
入手 … バトル
公式 … フェイブレード

検分

グリダニアンキャプテン・カタナと同型色違いです。悪く言えば使い回しなのですが、辻褄が合うというのがすごい。そのあたりは後述。形状の検分もグリダニアンキャプテン・カタナの記事に譲りましょう。


グリダニアンキャプテン・カタナとの違いは、染色ができること。元が色の濃い木材であるため鮮やかに染まりはしませんが、木の温かみを感じる風合いに染まります。ファンタジー・ファンシー感がほどよい塩梅で、なかなか魅力的な一振りとなっています。

逸話

第一世界の妖精たちは、おおまかにまとめると「古典的なピクシーがモチーフ」といえます。彼ら彼女らは鉄が苦手とされ、ストーリー上でも「つめたくて、かたーい鉄」が同族への脅しに挙げられていたりします。であるなら、妖精の里にある品に鉄が使われていない可能性は高いでしょう。

ゆえに、もともとは「林都の特産である木材をふんだんに使った刀」として作成されたこちらのグラフィックをあてがったのだと考えます。FFXIV 設定班はそうした連想ゲーム……言葉を悪くいえばこじつけが非常に上手だと感じます。めっちゃ褒めてます。

さておき、鉄(Fe)でない金属……銀(Ag)や銅(Cu)ないし真鍮(Cu-Zr)などは特に言及されていないことから、妖精たちも扱えるとも考えられます。この刀を彩る飾りは妖精の秘術で作られたのかな、なんて想像は楽しいですね。あるいは、鉄が使われているからこそ、宝物庫に放り込まれていたとも考えられます。フッブート王国の剣豪が遺したものだったりするのかもしれません。こうした想像の余地もまた良いものです!

小話

英語版の名称は “Fae Blade” です。Fairy/Faery に似ているので連想は簡単ですが、実際には以下のような変化があったとされます。

fatum (ラテン語: 運命) → fata → faer,feer → fae,fe,fay,fee → fayerie (fay のかける魔法) → fairy

仏語と伊語と英語を行ったり来たりしつつ、変遷していったようです。おもしろいですね(ृ ‘꒳’ ृ)フランス語はその後 féérique に落ち着いたのもまた一興にござる。ちなみに、スペイン語での fae は「不細工」「不器量」なんて、ちょっと失礼な言葉になるのだわ!

刀剣目録の最近記事

  1. [刀剣目録] フェイブレード

  2. 【こぼれ話】ゴウセツの愛刀のお値段は。

  3. [刀剣目録]クリプトラーカー・サムライブレード (RE)

  4. [刀剣目録] エクサークブレード

  5. [刀剣目録] エメラルドウェポン・ブレード

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去目録

PAGE TOP