1. 随筆
  2. 37 view|最終更新 19/05/05

能動的な迷惑を掛けないように。

私もあなたも、生きているだけで、何かしらに迷惑をかけています。他人様(※人に限らず)へ迷惑をかけるのは、もうね、どうしようもない。

だからこそ、とにかく迷惑をかけないように……なんて制限に傾くより、迷惑をかけあっちゃう前提でお互いを支えようね、というのがすき。

 

ただ、この仕組みを成り立たせるためには、能動的に迷惑をかける振る舞いはできるだけ避ける、という意識が大切になってきます。

昨日の零式消化、ジョブ希望制グリード2〆PTだったのですね。……わからない方から見れば暗号やなコレ。

ざっくり簡単に解説すれば、通常とは異なるロットルールでのクリア目的パーティです。

利点は、サブジョブの装備集めに便利なやり方であるため、得意・強化済みジョブで参加でき、攻略成功率が高いこと。

欠点は、ちょっと集まりにくいこと。なぜ?はロットルールの仕組みから説明となるため省きますが!

 

昨日も、後から募集をはじめたパーティ達が出発するのを尻目に、揃うまでに1時間強を費やしました。

ただ、その欠点を補って余りあるポイントは、募集文を見ずに参加した人が、その場でバレること。「希望ジョブを教えてください」と聞かれるためです。

見ず考えずで飛び込んだ方は、何かしら詰まった反応を示します。うまく切り抜ける方もおられるでしょうが、概ね、ということ。

 

この日、募集を見ずに参加した方は2名。もちろん皆さん離脱していかれましたけれど、何が書いてあるかも確認せずに参加ボタンを押せる、その度胸。

見習う気はありませんけれど、色々なヒトがいるのだなと感じます。パーティでは、募集文こそが絶対です。そこをないがしろにしては、たいへんなことになります。

何かあったら抜ければ良いや!という割り切りは大事だし、損切りは早いほうが、お互いに良い。

……けれど、そもそもとして、事前に募集文を確認していれば、それでお互いに済む話なのです。損切り云々の前に、損失機会自体が発生しないのです。

 

そして、募集主が募集文を設定していたのであれば、それを見ずに突撃するのは、配慮を踏みにじることに等しい。

急いで入らないと埋まっちゃうから、と逸る気持ちはわかります。なんせ私も激戦区の近接DPS、かつ募集がないことすら散見される侍ですから。

参加枠があったなら、とるものもとりあえず飛び込みたくなるのは、わかる。

……わかるけれども、ほんの僅かな自分の手間と時間を惜しみ、自分が損をするかもしれないから!と、他人様へ余計な迷惑をかけるのは、迷惑はお互い様!を逸脱した、自己中心的な振る舞いだと考えます。

これって結局は、読んでいる間に他の人が入ったら自分が損するじゃん!というだけのこと。

余計な迷惑を掛けぬよう配慮して動ける方を出し抜いて、自分だけお目溢しを貰おう……という浅慮に過ぎません。

それを、あたかも被害を被るかのような、割を食うかのような、……このあたりにしておきます。

 

ゲームであればこそ、そういう欲望と本性で突き進むも自由。

そして、であればこそ、彼らを他山の石とし、自分はそうならないように、との思いを新たにするのでありました。

随筆の最近記事

  1. Patch5.1で実装の極○○○○討滅戦について。

  2. 「前提を揃える」ことのたいせつさ。

  3. エメトセルクなる存在に整理をつけたいと思う。

  4. 「公式ガイド本ってヤ○ダ電機の『PC初期設定3万円』みたいなものでしょ」

  5. 名前で呼びたいおとしごろ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去目録

PAGE TOP