1. 随筆
  2. 154 view|最終更新 19/12/04

怒りをコントロールしたいよね。

少し前の記事で、アンガーマネジメントという単語を出しました。ご存知の方もいらっしゃるでしょうけれど、ひとことでいえば、怒りの感情を制御する術や能力のことです。興味があったら調べてみてね!

怒りとは何か?なんて地点まで触れると長くなるため割愛しますが、喜怒哀楽というように、人間が持つ様々な感情のひとつであり、感情の中でも特にDPSが高いので、扱いに注意が必要なんですね。上手に活かすことができれば、エネルギー源として、とても優秀。他方、囚われてしまえば、身を持ち崩しかねない破壊力を秘めます。うまいこと手にとって、うまいこと転がしてあげるのがだいじ。

怒りを怒りのまま噴出させるのは、赤ん坊でもできることです。激情の荒波を乗りこなし、怒りを別のアプローチに変えられるかどうか。感情を変換できるかどうかは、人間としての技量の見せ所でもあります。……ストレートにぶつけてみるのがイイときもあるけれどね!

ともあれ。「包丁」という存在自体が悪ではないように、「怒り」そのものも、決して悪者ではありません。料理人が振るう包丁は芸術と幸福を創り出すけれど、暴漢の振るう包丁は破滅と悲劇を引き起こす、というだけ。できるなら私は、創り出し生み出す側でありたいです。ゆえに、怒りという刃物の扱いを誤らぬよう、日々精進を続けていかねば、と思う拙者でございました!

随筆の最近記事

  1. ちょっとずつ作っていくのです。

  2. 過去を明かす者、ときの者に非ず。

  3. ランジート将軍を整理したいと思う。

  4. エオルゼアにおける「差別意識」について。

  5. エオルゼアの「人種意識」について。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去目録