1. 日記
  2. 691 view|最終更新 19/05/05

第二回アウラミーティングに参加してきました。

アウラミーティング

9月29日、Yojimboサーバにて執り行われました、「アウラミーティング」に参加して参りました。名称の通り、アウラ族によるアウラ族のための集会。アウラの実装を機にFFXIVへ興味を持ち、名前が侍っぽいからとYojimboサーバを選んだ私。その地元でアウラミーティングがあり、侍も実装されるなんて……風が吹いている……。

さておき。右を見ればオスラ、左を見ればメスラの桃源郷。別サーバから参加された方も、それはそれは大勢。

 

写ってはいませんが、手前にもたくさんいらっしゃいました。開会20分前で、既に20名を越えようかという勢いで集うアウラたち。さながらアジムステップです。いえ、もうここはアジムステップです。第一回当時は、20分前でも3,4名ばかりだったことを思えば、なんだか感慨深いものがあります。もっとも、運営には何ら携わっておりませんけれども。げへー。

 

主催の挨拶にはじまり、男女に分かれての撮影会。人数の多かった女子は、アウラ・ゼラとアウラ・レンにも分かれることに。

 

少なく見えるかもしれませんが、レンの方も30名はいらっしゃったと思います。あまりに人数がいるため表示しきれていないだけ。尊さが限界突破している。

 

オスラ組も集まってわちゃわちゃしています。(表現力
ちなみに私の1stキャラはオスラなのですよね。うん、ほんとどうでもいいですね。

開始直後はあいにくの雨模様&夜でしたが、これはこれで。アウラって、雨や夜空(明かりの少ない環境)でも美しいんです、はい。儚げな雰囲気というのはもちろんですが、鱗がね。闇夜に浮かび上がり、水に濡れて光るのです。そそる。やばい。

 

アウラミーティング

特に私イチオシなのが、しっぽです。男女ともに4パターン、長さはスライダーで選ぶことができます。で、女性ならきっと、髪の毛と同じくらい、お手入れに気を使うと思うんですね。ピーリングしたり、オイルなりローションなり乳液なりで保湿したり、なんならネイルよろしくデコったりしているかもしれない。よしだ?しっぽ装備まだ??あくして???よしだ????

 

アウラミーティング

……失礼いたしました。妄想に思いを馳せていたら朝。おひさまが登ってからも、これはこれで。アウラ女性は……こう、色素の薄さが魅力的ですよね。もちろん、サドゥさんみたいな濃いのも良いのですけれどね。つまり全部ええんや。というわけで、明るい環境で暫し撮影タイムののち、

 

 

アウラミーティング

オスラ陣営へ突撃。フリー撮影タイムとなりまして、「青肌さん一緒に撮りませんか?」「カニ角(厚みのあるカニの爪型の角)の方集まりましょう」「メイド服のメスラちゃんは階段に!」などなど、みなさんせっかくの機会を満喫されておられました。これだけのアウラが集う機会は、そうそうありません。なにより、集まった人たちみんな、同好の士なのですから。

 

アウラミーティング

 

そして、せっかくの機会であることは私もおなじ。勇気を振り絞って、呼びかけてみました。

 

 

はぁああああぁぁああ~~~~~~

 

 

ほおおおおおぉぉオォオオオオォォ~~~~~~~~~

 

 

アウラミーティング

(鼻血を拭きながら)レポートに戻りますね。メイン会場の雰囲気としては、顔見知りの方同士が談笑をしていたり、おそらく撮影に没頭されているであろう方がそわそわとしていたり、アウラ集合の雰囲気を満喫するかのように走りまわる方がいたり。
主催の方が仰られた通り、悪くいえば「ぐだぐだ」なのかもしれませんが、私には「心地良い無秩序」であると映りました。楽しみ方はそれぞれあって然るべきです。厳密なタイムテーブルもいいけれど、これはこれで。第三回があれば、また参加してみたいですね。

 

アウラミーティング

第一回と比べれば、参加人数は大きく増えた一方、個々の交流は減ったのかもしれません。けれど、アウラ族という共通の「好き」を通じて集まった面々です。参加したひとりひとりから醸成される雰囲気は、何よりも得難い醍醐味となります。そして、それこそが、イベントにおいて最も大切なものであると、私は考えます。
個々の距離感はこれくらいがいい、という方もいらっしゃることでしょう。二次会も催されていらっしゃるので、密な交流も望まれる方はそちらを、ですね!

 

アウラミーティング

そりゃあもう、たのしかったです。ソロなのにパーティチャット打つ程度にはテンション上がっていました。姫なんて仰っていただいたりして。……松乃雪姫。…………ふむ……。(まんざらでない顔

さておきまして。素敵な機会をいただいた主催者さん及びサポートの方々に、惜しみない賞賛を。参加されたすべてのアウラスキー達の旅路に、大いなる幸運を。そしてまたいつか、それぞれの歩みがひととき交わる縁があらんことを祈り、まとまりのないレポートのまとめとさせていただきます。

最後に、参加できなかった方たちのために動画をおひとつ。当日の雰囲気がすこしだけでも伝われば幸いです。また、Twitterのハッシュタグ「」も要チェックだ!……私がやたら連投している気はするけれど!

日記の最近記事

  1. 朱雀直刀【輝】は Yojimbo へ買いに来るといいよ!

  2. 画像スライダーにいくつか追加したり。

  3. 4種の「【輝】系」刀を追加しました。

  4. 食事にまつわるエトセトラ。

  5. 六十二本の精霊銀打刀。

関連記事

コメント

    • ガノン
    • 2017年 10月 01日

    通りすがりのティアマトに生息してるオスラです…!かような素晴らしい集まりがあったとはいざ知らず…悲しいながら松之雪さんが記事を作ってらしたのでアウラ成分を吸収させて頂きました!

      • 松乃雪
      • 2017年 10月 01日

      第三回があるのか、別の方が同様のイベントを催されるかは不明ですが、こちらでも情報をキャッチしたらご案内していきますので、次は会場でお会いできることを楽しみにしておきます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去目録