1. 9740 view|最終更新 20/03/27

侍のクロスホットバー Lv80 Patch5.1 (2020/01/23)

わたくし松乃雪、これまでもこれからもゲームパッドで侍を遊んでいく予定です。そんな私のクロスホットバー配置と意図を大公開にござるァ!

全体図

まずはコンボごとにご紹介。すべての基本となる「刃風」は R2+□ です。ここを起点に、

・雪風コンボ … R2+□ → R2+△
・月光コンボ … R2+□ → R2+○ → R2+L2+○
・花車コンボ … R2+□ → R2+× → R2+L2+×
・範囲コンボ … L2+□ → L2+○ もしくは L2+×

月光花車コンボは二段目から三段目にかけて○や×を押しっぱなしでよく、雪月花シンボルの並びと同じ配置 (上が雪、左が月、右が花) でもあります。美しいうえに操作面でも理にかなっているという自画自賛。範囲コンボの配置も雪月花シンボルに準拠しています。

ただ、美しさで考えれば、×に刃風で□に月光で○に花車ですね。そうしようかな。□ボタンが始点なのはおそらく三國無双あたりの影響。さておき、L2 と R2 同時押しのボタン側、□に明鏡止水、△に燕飛を置いています。明鏡止水は始点であり、燕飛は前に飛ばすものなのでね。

十字キーには「コンボほど頻度は高くないが、使いたいときにすぐ使いたい技」「移動を考慮しなくていい技」を入れます。前者は震天 / 回天 / 意気衝天 / 閃影 / 紅蓮。後者が居合術 / 暁天 / 夜天です。居合術は発動時に移動できない (撃ち終わりに移動を差し込むことで「滑り撃ち」はできる) こと、身を屈めるのが十字キー下っぽさがありますから。ちなみに紅蓮と閃影をよく間違えます。

十字キーは、左アナログスティックとおなじく左親指で操作します。特殊な持ち方をしない限りは同時に動かせないため、操作 = 移動を考慮しなくていい技を配置します。それでいて、アクセスの良さがありますから、咄嗟に使いたい技も配置していくわけです。ちなみに、右側にある大きなアイコンはリキャストの確認用。キーボード用のホットバー設定で拡大率を高くして配置したものです。

ダブルクロスホットバー側

拡張機能であるダブルクロスホットバーは上記。基本のクロスホットバーと比べ、アクセス性は劣りますが「頻度は低いが決め打ちで使う技」を配置することで、クロスホットバーのレイアウトをすっきりさせられます。頻度の低い決め打ち技ですから、とりあえず配置してあればよく、タイミングを見計らってぽちっと押す運用。

このうち明確な意図があるのは燕返しと慈眼だけ。居合術と同じ効果であるため同じボタン、が燕返し配置先の個人的絶対条件でしたのでこのように。慈顔も同様に内丹と同じ効果であり、星眼よりはアクセスの劣る場所に置くことで暴発を防いでいます。

バーストでの薬、ボス離脱時の黙想、吹き飛ばしへのアームズレングス、確定被弾へのブラッドバスなど、タイミングが決まっているものを適当に配置。マクロも運用しておらず、スーパーポーションも省けるため、4 枠の余裕がある状態です。

設定記事のご紹介

「拙者のぱっど、こんなにすろっとないでござる!」なんて侍にはこちらの記事群をご覧くださいませァ!

おわりに

侍はコンボが命。コンボを支えるのは技量であり、技量の向上にはデバイスの習熟が必要であり、デバイスの習熟には適切なスキル配置が重要です。本記事は、スキル配置のとっかかりをちらっとお見せするモノ。完全にまねっこしてみるもよし、ご自身の環境と見比べて改善のタネにしていただくのもよし。

そして、ひとまず設定をできたなら、木人をぺちぺちして馴染ませていきましょう。そのうち、頭からっぽでも閃を貯めて乱れ雪月花できるようになります。

めざせ侍一番星!拙者はそれを見物させていただく者也!

侍の最近記事

  1. 日曜夜に侍イベントでござる!

  2. 先週末のイベント反省会でござる!

  3. 今日明日のイベント告知と白魔60。

  4. 「侍とったけどなんもわからん」な方向けの図。

  5. 天つ水影流装束を使ったオススメのミラプリを紹介するでござるぜ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去目録