1. 刀剣目録
  2. 1481 view|最終更新 20/03/29

[刀剣目録] 光輝之剣

動画
静画(ミラプリ/染色例含む)

寸評

雷神ラムウ由来の「雷神打刀」と形状を同じくしますが、こちらは赤黒い炎……あるいは瘴気を纏います。どちらもグリダニアに関連し、いまだ語られぬ設定が潜んでいそうな一振りです。

形状

造 … 菖蒲造
刃 … 不明。先端は漆黒の肌。
鐔 … 中心は黒、外周は赤。
柄 … 赤、朧げに発光。
鞘 … 赤を基調に各先端は漆黒。

仕様

IL/Lv … 255/60
絡繰 … あり
染色 … 不可
入手 … NPC交換(バトル)
公式 … 光輝之剣

検分


刃は菖蒲造。刃文は刀身の纏う赤黒い光と瘴気で判然とせず、元々はなんらかの装飾が施されていたであろう鐔や鞘までも完全に侵食されており、実に異様。明度の低い赤と黒の組み合わせは、仄暗い地の底に蠢く不浄な血を連想させます。


寸評の通り、形状は「雷神打刀」系と同じです。後述しますが、あるいはなんらかの影響によって、雷神打刀がこのような姿になったのやもしれません。

同様の赤黒さに邪竜刀系がありますが、あちらはどちらかというと、今も煌々と燃え盛る執念を感じます。こちらは首筋にべっとり纏わりついていくる高湿度タイプ。


太陽を浴びて爽やか系サムライにはどう転んでも似合わなさそうですが、夕闇に溶けて悪を討つ系サムライにはぴったりといえます。ミラプリ全体の方向性を含めご検討いただければ、ぐっと目を引くコーディネートができるかもしれませんよ!

逸話


死者の宮殿のほど近く、クォーリーミルに駐在する角尊エ・ウナ・コトロの力に依り、光輝之剣や角尊之剣 (つのみことのつるぎ) は存在します。死者の宮殿には特殊な結界が張られており、外界の武器は無力化されてしまいます。宮殿内部の特殊な環境にあわせて調整された武器が必要で、それが光輝之剣と角尊之剣。

逆に言えば、宮殿内部の環境に特化した武器ですから、外界仕様にするのも大変なわけです。だから、よく強化をして、エーテルの調整に必要な素材を持ってきてくれたら持ち出せるようにしてあげるよ、という。またエーテルでござるか!!!(突然暴れだす侍

最強万能物質の話はさておき、角尊之剣の同シリーズ武器は、いずれも「パジャル」というフレーズをもちます。角尊之剣も英語表記で Padjali Katana です。角尊 (Padjal) の複数形が Padjali で、死者の宮殿 = ゲルモラを含めた黒衣森の守護者かつ代表者の名を冠しているわけです。その次の段階で手に入るのが、この光輝之剣。小話で展開しますが、黒衣森、グリダニア、ラムウなどに関連する設定がある、あるいはその余地があるのかもしれません。

小話

死者の宮殿武器の第一弾である角尊之剣とは「光っていてよくわからない」点で一致を見ますが、それと比較すれば凝っていると申しますか、色々と想像できる刀です。ところで、「光輝之剣」はなんと読みますか。私は「こうきのつるぎ」を推しますが、角尊之剣とおなじく音読みで統一すると「みつてるのつるぎ」なんですよね。みつてる君かー。

さておき、本品を含む死者の宮殿武器第二弾には「キンナ」というフレーズがつきます。本品も英語表記は Kinna Katana。キンナとはアイヌ語の「輝く / 美しい / きらびやか」で、角尊の名のモチーフもアイヌ語と言われているあたりの繋がりを感じさせます。
→ アイヌ民族博物館アイヌ語アーカイブ

名称はずばりそのもので、赤黒い禍々しさを抜きにすれば輝いてもいます。であれば、死者の宮殿の首魁 ■■■ (ネタバレ検閲) によって、美しい刀はこのような姿にされてしまったのではないか、と思うのです。


雷神打刀を生んだラムウは、黒衣森奥深くに住むシルフの守護神です。死者の宮殿は、かつて黒衣森に存在した地下都市ゲルモラを悪用した仕組みです。もし、地下都市が存在した時代、あるいは人々が消えた後、いたずら好きなシルフが、ラムウちゃまのお宝をゲルモラでかくれんぼしたら。そして、知ってか知らずか件の宮殿が造りだされ、死と悔恨と怨念渦巻くエーテルを浴び変容してしまったのだとしたら。またエーテルでござるかァ!!!(再び暴れだす侍

もちろん、これは私の妄想。そういう繋がりがあるかもしれないし、ないかもしれません。キンナシリーズで、ラムウ武器とは違うシルエットの武器もありますから。

それでも、こうして妄想と思索に耽る余地があるのは良いことだなぁ、と思うのでござるでふっち。

2020年1月22日 … 初版公開。

刀剣目録の最近記事

  1. [刀剣目録] 骨不知

  2. [刀剣目録] 硬金打刀

  3. [刀剣目録] ロンカブレード

  4. [刀剣目録] エデンコーラス・サムライブレード

  5. 【こぼれ話】菖蒲造の刀が多い理由とは。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去目録