1. 随筆
  2. 66 view|最終更新 19/05/05

検討外だったコードバンのお財布を買った話。

きょうは、FFXIVとぜんぜん関係のない記事なのですけれど。いえ、毎日そんなもんじゃないかとも思いますけれど。

少し前に検討中と書いたところから、いろいろなタイミングや進展がありまして。お財布を買い換えることに決めたんですね。

候補の選定にあたって、重視したのは以下の三点。

・薄型の長財布(小銭入れつき)であること。
・シンプルで使い勝手がよいこと。
・直感で「これ良い」と思えること。

そして、最有力候補だったのは、こちらのお財布。

yuhaku フラップレス長財布

 

リンク先をご覧いただければお分かりになるかと思いますが、極限まで諸々を省きつつ、必要な部分はしっかりと確保されている、非常に機能的な品です。カード収納部分がとても独特、かつ使い勝手が素晴らしく良い。

カードは取り出しやすいし、小銭入れも使いやすい。札入れ部分は一つしかないけれど、入れやすくホールド感も良いし、メイン運用が電子マネーを含むカードであるため、問題はなし。

小銭入れファスナーの持ち手がちょっと大きいかな程度で、全体を通してマイナス点もほぼありませんでした。

実物の感触も、高級感こそさほどないものの、型押し加工で持ちやすく、機能面に振り切った姿勢が好印象です。ゆえに、これにしようかと考えていたのですが……。

FRUH コードバン・スマートロングウォレット

 

同様に薄型だから……と、何の気なしに手にとったコレが、衝撃でした。何が良いって、手触りが素晴らしく良い。

コードバン(馬のお尻の革)が使われており、そのしっとりした感触に、ちょっとびっくりしまして。2万円程度で、こんなお財布があるのか!と。

以前、もっとずっとお高いコードバン一枚革の鞄を触らせていただいたときは、こんな感覚を覚えることはなかったのだけれど。

カード収納は少し取り出しづらさがあるし、小銭入れは緊急用と言えるくらいに小さく感じます。でも、それを上回るだけの「これ良い」があって。

結果、どんでん返しでこちらを購入決定。小銭は緊急用で問題ないし、カード収納は使ううちに革が柔らかくなるだろうし、札入れ2箇所と浅めのポケット1箇所は使い勝手が良さそうとか、決定の要因は様々あります。

でもやはり一番は、その手触りとフィーリング。これから何度も、財布を手に持ち、カードやお金を出すとき、

 

「触っていて心地よい」

 

のは重要だと感じたのです。

きっと、本当にコードバンの財布が欲しい!となったらば、ココマイスターであるとか、それこそYUHAKUにもあるような、2桁万円のお財布を選ぶのが良いのだと思います。

でも、今の私には、そのお財布は持て余すだろうし。強烈な第一印象でお迎えはしたけれど、使っていくうちに感じるナニカもあるだろうし。

なにより、望み通りのシンプルな極薄長財布で、衝撃を受けるほどの「これ良い」を感じられたのだから、この出会いを大切にしたいなと思ったのでありました。

今回のお話、FFXIVと直接は関係ありませんでしたが、こういった感覚や感性、思考や嗜好といったものは、何らかのかたちで影響があるものです。……という風に強引なおしまいです!!

 

随筆の最近記事

  1. 自分の機嫌を自分でとること。

  2. やりたいことをやったもんがち。

  3. Patch5.1で実装の極○○○○討滅戦について。

  4. 「前提を揃える」ことのたいせつさ。

  5. エメトセルクなる存在に整理をつけたいと思う。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去目録

PAGE TOP