1. 刀剣目録
  2. 689 view|最終更新 20/08/21

[刀剣目録] 怪刀・浮世丸

動画
静画(ミラプリ/染色例含む)

寸評

「妖怪ウォッチ」とのコラボイベントにて実装された刀です。赤青白のグラデーションがかかった刀身は鮮やかで、鞘は妖怪「ぬらりひょん」が本気モードになったときの姿を模しており、コラボ装備らしい意匠といえましょう。

形状

造 … 切刃造風。
刃 … 直刃風。
鐔 … 唐鐔風。
柄 … 黒鮫皮に紺糸諸捻巻
鞘 … ぬらりひょんの触手モチーフ。

仕様

IL/Lv … 30/30
絡繰 … なし
染色 … 不可
入手 … NPC交換
公式 … 怪刀・浮世丸

検分


コラボイベント景品ゆえ細かなケチなどつけずに参りますが、切刃造風の出で立ちをしています。ただ、この武器のインスパイア元となるキャラクター「ぬらりひょん」は杖を持っていることもあり、明確な日本刀としてではなく、概念的な刀剣と捉えるのが良さそうです。色味も独特ですしね。とはいえ、この刀身は光ったりすることなく、ギミックなどはありません。


広くて厚い刀身と、思いのほか細い柄のバランスが印象的です。鐔は唐鐔のような形状にも思えますが、あるいは刀身の根本の金物と一体成型かもしれません。色味から材質は真鍮っぽい感じ。


いささかグロテスクさすら感じさせる鞘は、ぬらりひょんが本気を出した際に解き放たれる触手がモチーフとなっています。参考画像はこちら。ちゃんとコラボレーションをしていて良いですね!


鞘尻には、妖怪ウォッチに登場したような、どこか見覚えのある金物が取り付けられています。

全体としてどことなく「景品」っぽさはあるものの、それも一つの味。何よりイベント限定の刀であり、この時期を逃すとギルをいくら積もうと手に入りません。コレクション的な意味も含めて、独特な立ち位置の一振りといえましょう。

逸話


英語版のアイテム名称は「Katana of the King’s Counsel」です。King’s Consel は勅撰弁護人という意味になり、概念的には「王に選出された優秀な弁護人/助言者」とでも言えば近いでしょうか。そして、妖怪ウォッチに登場するエンマ大王の英語版表記は Great King Enma です。単純な直訳ではなく、あちらの関係性を織り込んだ名称にするあたり、コダワリを感じて良いですね。

小話


ひっそりと、刀カテゴリ初のLv30武器となります。Lv30制限というものを意識する機会自体そうそうありませんけれど、こういうのは気づいたもの勝ちでござるのでね(๑˘ ³˘๑)•*♪

侍はジョブ取得の瞬間からLv50であり、Lv1のオシャレ装備を除けば、Lv50未満の刀を手にすること自体がないジョブです。ゆえに武器性能的な部分の評価は難しいですが……Lv1の刀では弱すぎ、Lv50の刀では削りが強すぎる、なんてシーンの調整にはうってつけです。そんなシーンが滅多に無い、というのは妖怪のせいにござる!

2020/08/21 … 初版公開。

刀剣目録の最近記事

  1. 【こぼれ話】ハイデリン世界の刀匠について。

  2. [刀剣目録] 魔神刀 / 魔神刀【改】

  3. [刀剣目録] 修道刀

  4. [刀剣目録] 闇霊銀侏儒打刀

  5. [刀剣目録] 怪刀・浮世丸

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去目録