花鳥風月

【こぼれ話】ドマ城攻略後のイベントシーンで、ヒエンに設定ミス?

40 views
約4分
"エオルゼアとドマにおいて、打刀と太刀の取り扱い的な区別はない"や、"菊一文字に打刀は存在しない"などと書きまして。 しかししかし、「ヒエンの佩刀は菊一文字だと思っていたけど、本当にそうだっけ?」が、このお話の発端。 結果、冒険者の菊一文字と照らし合わせたところ、 ・刀身と柄巻は冒険者の菊一文字と同一 ・鞘と鐔(つば)は、ヒエンの佩刀は独自グラフィック ・しかし、ドマ城攻略後のイベントシーンでのみ、鐔が冒険者のモノと同一になっている ことが判明。 ちょっとわかりにくいですが、ドマ城攻略開始から終了後の間だけ、普段と別……具体的にいえば、冒険者と同じ刀を使っていることになります(鞘はヒエン専用品)。つまり、何らかの意図をもって差し替えられたのでない限り、設定ミス 下は初登場時。鐔の色味は「金地、先端が緑」です。   下は突入前のイベントシーン。初登場時から変わらず。   下は突入後のイベントシーン。鍔の色味が「金と銀」になっています。   下はドマ城攻略後に最初の登場となるシーン。初登場時の色味に戻っています。   下はさらにしばらく後、アラミゴ奪還時。変わらず専用品です。   構えの都合上、抜刀時と納刀時で向きが違いますが、質感ごと違うのがわかりますね。 原因として想像されるのは、内部的な処理でのデータ番号等の指定間違い。 仮に、ヒエン専用の菊一文字(刀部)がkatana001、冒険者用菊一文字(刀部)がkatana002、ヒエン専用菊一文字(鞘部)がsaya001、冒(以下略)がsaya002だったとして、ドマ城後のシーンだけ、katana001+saya001であるべきところ、katana002+saya001に、とか。 ……しかし、専用グラフィックかつ使用者限定アイテムを、都度指定が必要な仕様にする……?という懸念もあるため、何らかの意図がある可能性も捨てきれません。 というのも、そう簡単に壊れないとはいえ、鐔は消耗品です。打ち込まれた攻撃を鐔で受け止めれば、破損する場合があります。そして、ドマ城での戦いは熾烈を極めたことでしょう。 ヒエンも攻城戦へ参加し、中枢深くまで先陣を切り攻め込んでいる以上、激しい抵抗に遭ったことは想像に難くありません。となれば、戦闘の合間を縫い、予備として携帯していた鐔に取り替え…………られるのかなぁ?(台無し 作業自体は難しくない(目釘抜く→刀身抜く→鐔や切羽取り替え→刀身を柄にはめ目釘入れ完成)ものの、敵弾飛び交う戦場でそれをできるのか、というか作業道具も携帯しているのか、なんて疑問。 また、味方から譲り受ける、鹵獲した刀に持ち替える等のほうが、合理的にも思えます。     ちなみに、ヒエン専用と冒険者用を見比べると、刀身の刃文や柄の装飾などは全く同じ。鞘と鐔が独自仕様で、鞘鐔ともに緑がかる色味の調整と、下げ緒が追加となっています。 ヒエン専用の刀(ここまで書いて菊一文字じゃなかったらどうしよう)に関しては、また別のこぼれ話にて! そんなわけで、わたくし松乃雪は、データ的な設定が間違っている説を提唱します!しますが、特に報告とかはしないの。フォーラムはあんまり足を踏み入れたくないししないでおいて、「いつになったら治るんやろなぁ」ってにこにこするの。 これをご覧になった方は、報告するもしないも自由ですが、つぶさに見ていると、こういう発見もあるものだね、というお話でした!

Leave A Comment

*

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE