花鳥風月

【自作ぱそこん】構成が確定してござる。

35 views
約4分
数々の紆余曲折を経まして、自作ぱそこん壱号機と弐号機、それぞれの構成が確定したでござる。

壱号機 (メイン)

【CPU】Intel Core i7 10700 @44,000 【クーラー】Cooler Master MasterLiquid Lite 120 @6,500 【メモリ】G.Skill F4-360016D-32GVKC @16,980 【マザボ】MEG Z490I UNIFY @32,670 【グラボ】EVGA RTX 2070 Super 08G-P4-3178-KR @71,322 【サウンド】Sound Blaster X3 (@12,980) 【Cドラ】Plextor M9PG Plus PX-512M9PG + @13,800 【Dドラ】Plextor M9PG Plus PX-1TM9PG + @22,858 【ケース】Fractal Design Era ITX @26,800 【電源】SilverStone SST-SX650 @13,220

弐号機 (実家行き)

【CPU】Intel Core i5 9600KF BOX @23,078 【クーラー】サイズ 大手裏剣3 @5,478 【メモリ】G.Skill F4-3600C19D-16GSXWB @7,568 【マザボ】ASRock Z390M-ITX/ac @18,700 【グラボ】Colorful GTX1060 NB 6G (既存) 【Cドラ】GigaCrysta E.A.G.L SSD-GC256M2 @6,400 【ケース】Cooler Master Silencio S600 @9,656 【電源】玄人志向 KRPW-AK650W/88+ @7,500 【OS】Windows 10 Home @14,080

353,590円

壱号機が261,130円。弐号機が92,460円。しめて353,590円の出費となりました。実際にはキーボードやマウス、ディスプレイなどの周辺機器も追加することを考えれば、PC一式で考えた場合、総額40万円弱となりそうです。急遽の弐号機構想で出費こそ増えましたが、満足度もアップにござる₍՞◌′ᵕ‵ू◌₎ また、給付金で購入するパーツの総額が90,638円。壱号機のサウンドブラスターはひとまず様子見の予定。はやく振り込んでくれていいんでござるよ!(そわそわ

実際のところ

FFXIV をプレイするうえでは、こんなにお金を使わずにぜんぜん動きます。もしPS4などから乗り換えるなら…… 【CPU】AMD Ryzen 5 3500 BOX @16,147 【メモリ】Corsair CMK16GX4M2A2666C16 @7,800 【マザーボード】ASUS TUF B450M-PLUS GAMING @9,260 【ビデオカード】MSI GeForce GTX 1650 @14,980 【SSD】WESTERN DIGITAL WD Blue SN550 NVMe @8,734 【ケース】Thermaltake Versa H17 @2,709 【電源】SILVERSTONE SST-ET550-B @5,478 【OS】マイクロソフト Windows 10 Home 64bit 日本語 DSP版 @12,980 【合計】¥ 78,088 http://niku.webcrow.jp/u/h1fdH - 自作PC見積もり くらいでも、フルHDなら最高画質でぜんぜん余裕。むしろこれでもオーバースペックかもしれない……あとは適当なマウスとキーボード、パッドプレイヤーならパッド、モニターがあればPCプレイヤー!10万円かからないでござるな! ……組み立てたりするハードルが高いという声は非常によくわかる₍՞◌′ᵕ‵ू◌₎わかり侍。

そんなわけで

あとは残りのパーツを購入して組み上げるだけ、購入するための軍資金(給付金)待ちの状態です。現状でぜんぜんバリバリサクサク動作しているので特に急いではいないし、むしろ第十世代にする必要自体がないといえばないのですが、パーツを購入するために最新規格を勉強して得られる知識なども自作PCの財産なのでね。ね。そうやって自分を納得させるの。 ともあれ、組み上がりましたらばあらためて雑ベンチマークなどもできればと思うせっしゃでございました!

Leave A Comment

*

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE