1. 随筆
  2. 287 view

動画コンテンツに手が伸びない理由。

Twitterで、このようなつぶやきを目にしました。私も、あんまり動画コンテンツを好まないタイプだったりします。

嫌いではないし、排斥をする意図だって欠片もないけれど、「動画」と「文章」を選べるのなら、後者を選ぶスタンス。記事が長くなったので冒頭に結論をもってきますと、

「喋りの進行や画面の遷移といった”待ち時間”が生じる」

「求めるモノ以外の情報が含まれがち」

「同様の情報なら、音声を聞くより文章を読むほうが早い」

あたりが、動画を積極的に選ばない理由かも。動画と文章……を対比にしましたが、動画は”音声や画像”が主で、文章は”文字”が主、と私は認識します。

 

たとえば、「こんにちは」というニホンゴをそれぞれでインプットするとき。動画であれば、音声として声色、抑揚、速度などが含まれ、場合によっては画像として、発言者の外見や仕草も表示されるし、ときには「こんにちは」と無関係な情報(風景画像や何らかの文字)も表示され得ます。

一方の文章は、まあ、「こんにちは」という文字です。「こんにちは」「こんにちわ~」「コンニチハ?」、「こんにちはっ」「こんちわ……」「こ ん に ち あ !」、文章表現の幅はあれど、フィールドは文章、文字です。

文章において増える要素は文字であって、別チャネルでの処理が求められることはそうそうない。

 

……などと考えたとき、ざっくりといえば、良くも悪くも、動画は情報量が多いんですよね。

長所は、一発で「様々な」情報が得られる。短所は、求める情報が定まっている場合、ノイズが多い。おにぎりが欲しいだけなのに、味噌汁や漬物まで勧められる光景。

 

文章は、割と必要最低限です。これ、エッセンスを端的に表現できれば効率最高だけれど、複数の要素を表現したい際、相応の量が必要になってしまう。鮭おにぎりが欲しいのに、鮭が入ってなかったりする光景。

動画を見れば「笑顔でこんにちは」が一発でわかるところ、”にっこりと微笑み、元気よく「こんにちは」と挨拶した”とか書かないといけない。

一方、たとえばこの記事(日記)をインプットするのならば、動画(読み上げや字幕)より、文章を選んだほうが、きっと時間も理解も早いはず。……まあ、文章向けコンテンツとして作っている面は大きいですが!

 

……といったあたりを色々と考えたとき、「動画の効率の悪さ」が、個人的には気になってくるのです。効率効率、と言うと生き急いでいる感もありますが、時間単位、処理単位で考えたとき、シンプルなもの(文章)に比べれば、どうしてもね。

そういうのが生じやすいので、ついついテキストに流れがち。文章であれば、再構築してイメージ図を脳内展開……などの作業を体得できているから、というのもありそう。

 

 


ただ、これらはおそらく、経験によってある程度解消できる部分。私が文章や文字において、無意識下でそうできているように、場数を踏めば(その時において)不要な情報を削ぎ落とせるはず。

……なのだけど、それはそれで、動画を見る姿勢としてはズレている気もする。動画とは”同時多発的に様々な情報”を提供するフォーマットで、文章がモノクロだとすれば、動画はフルカラーなんです。その華やかさを楽しむものじゃないかなーって。

また、求める情報が具体的でない場合、ザッピング目的で視聴する、というのもわかる気がします。あるいはもう、その発信者の情報は何でも欲しい、みたいな。

そのような姿勢を取れる方を「ファン」と呼ぶのでしょうけれど、となれば私は何のファンでもないなぁ、としみじみするなど。

 

かといって、冒頭の通り、動画を否定するつもりはありません。モットーとして「無駄にこそ価値がある」と考えていますし、何より私だって、YouTubeに動画を多数あげています。

ただ、動画としてはものすごーく、意識してシンプル。敢えてモノクロレンズで撮るポートレートみたいな。このあたりはまた折を見てダラダラとお話できればいいのですが、今後は新境地、それこそ「情報量の多い動画」もやりたいなって。

 

 


なんだかお話のまとまりが欠片もないのですが、今回はこっそりレギュレーションとして、「記事書き始めから1時間で公開」と決めていましたので、このとっ散らかった内容をwebの海に放り投げます!!!!!!

オラァ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

随筆の最近記事

  1. パーティ募集とレイドファインダー。

  2. ル・フル・ティアとアヴィールと冒険者。

  3. 「煽りに乗らない」こと。

  4. 実装直後のコンテンツに挑む唯一の理由。

  5. 「頑張れ」は言わない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去目録

ブログランキング・にほんブログ村へ
PAGE TOP