花鳥風月

[刀剣目録] 獅子王 / 獅子王【改】

122 views
約7分
動画
静画(ミラプリ/染色例含む)
寸評
侍の刀ではなく、赤魔道士の細剣となります。刀に似せたレイピアといった趣。刀身に日本刀らしさはあまり見られないものの、柄に面影をみることができます。また、刀とセットになる宝玉はたいへん獅子です。獅子です。
形状
… 強いて言えば菖蒲造。 刃 … 先端に少し反り。 護拳。 柄 … 諸捻巻。 鞘 … なし。獅子かわいい。
仕様 ※()内が改の性能。
IL/Lv … 360/70 (370/70) 絡繰 … あり (あり) 染色 … 可 (不可) 入手 … NPC交換 (クエスト/製作/NPC交換) 公式 … 獅子王 (獅子王【改】)
検分
日本刀らしい刃文や造などは見られませんが、先端の反りに面影を感じることができます。菖蒲造のようにも見えますね。昇り龍が刀身に絡みつくような意匠は特徴的です。獅子ですけれど。根本には格闘武器で見たようなトゲトゲ。ソードブレイカー的な役割なのか、エーテル的な意味があるのか。 鐔がない代わりに護拳が取り付けられています。このあたりは細剣カテゴリらしいといえましょう。その一方で柄巻は日本刀のそれとなっており、目貫もあるように見えます。この武器でもっとも刀っぽさを感じる箇所かもしれません。 そして獅子の宝玉。かわいい。ライオンさんがボール遊びをしているように見えます。かわいい。抱え込んでいるボール、もとい宝玉はゆっくりと明滅します。通常色では少し分かりづらいものの、【改】にて解禁される染色をするとはっきりと見えるようになります。 全体としては、冒頭にお伝えしたように「日本刀風のレイピア」です。名前の由来となったであろう日本刀の獅子王とは似つかない品ではありますが、これはこれとして、赤魔道士を嗜む侍の腰には落ち着く一振りではないかなと思います。
逸話
獅子王には公式の来歴設定があります。
ロウェナ商会が東方交易で仕入れた歴史的な剣。作者は不明で、「獅子王」という号のみが伝えられている。嘘か真か、悪しき瑞獣「ヌエ」を討伐した報奨として、時の帝がある侍に下賜したものだという。 – Encyclopedia Eorzea II P.211
ロウェナの豪腕ぶりには只々驚かされますが、現実世界の獅子王……銘はなく、呼び名だけが伝わる……とリンクした設定となっています。平家物語にてを仕留めた源頼政に贈られたとされるのも同じ。鵺がアラミタマに呑まれた瑞獣なら、つまりは白虎征魂戦などよろしく「鵺征魂戦」あるいは「鵺討滅戦」などが平安コンテンツファインダーにあったのかもしれませんね。 さておき、当初から「剣」であったことが読み取れます。太刀に対する脇差の意味か、あるいは刀に対する剣の意味か、はたまたヨリマサが赤魔道士だったのかはわかりかねますが、赤魔道士は比較的新しい流派ですから、宝玉とセットで細剣とする運用は後世のものでしょう。例え戦法が変わっても使われるのは、武器そのものが備える力を物語ります。
小話
現実世界の獅子王は、刀身と鞘を含む外装 (拵/こしらえ) がセットで重要文化財に指定されています。もちろんそれぞれに価値があるけれど、ふたつ揃って獅子王だと考えたとき、エオルゼアの獅子王に宝玉はあれど鞘がありません。果たして元から鞘はなかったのか、宝玉はいつ作られたのか、謎は深まるばかりです。とはいえ、現実は現実、エオルゼアはエオルゼアにござる₍՞◌′ᵕ‵ू◌₎ 設定面を追求してリアリティに挑むのもアリですが、ファンタジーの楽しみ方も良いものです。刀=侍と硬直化するより、忍者暗黒騎士やナイトなどでも装備できる刀があるのだと考えれば、これはこれで美味しいのではないでしょうか!
2020/11/06 … 初版公開。

Leave A Comment

*

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE