1. 定期報告
  2. 193 view|最終更新 20/12/31

2020年を振り返って。

まもなく今年も終わろうとしています。今年が終わるということは、来年が始まるということです。(進次郎構文

今年の汚れは今年のうちに落とすのが良いように、今年の振り返りは今年のうちにしておきましょう。そんなわけで、年に一度の定期報告です。以前は月報も作ろうとか思っていたのですけれど色々とありまして、なんてことはさておき₍՞◌′ᵕ‵ू◌₎

達成率 67%

達成できたものは赤文字。上みっつがゲーム内、下みっつがリアル内の目標です。

・「刀剣目録」、入手分の完遂。
・侍関連記事の充実。
・ハウジングをリフォーム。
・収入増(あと50~100万)。
・PC の買い替えと環境整備。
・良い品を買い揃えていきたい。

まずは未達成のふたつ。刀剣目録は、入手しながら手つかずの刀が多々あります。色々と要因があったとはいえ、未達成は未達成にござる。来年も継続!そして現実世界でお賃金アップを果たしたものの、昨今の事情から積極的な投資購買には至っていません。パソコンの買い替えがここに該当しそうでもありますが!

そして達成できたものとして特筆すべきは、公開自体は 2019 年ながらも「侍 サブステ」で Google 検索一位の記事を作れたことです。最終更新日が自動で入るようにしているため検索順位が高くなり、アクセスが増えてまた順位が上がり……という循環のような気がします。冒頭に結論、ちょっと進めばおすすめ装備例が載っているうえ広告などもなく、わかりやすさと見やすさには配慮しました。そのぶん web 拍手などの反応は絶望的ですが、ほしい情報にすぐアクセスできる、というのが何よりと思うでござるゆえ。

ハウジングはお城にしてお庭をちょっと変えたくらいですので、内部は来年に持ち越し。自分でチャレンジするか、その道に長けた方に依頼したうえでアレンジしていくかで悩みどころにござる。そして PC の買い替えは性能も過程も大満足の大成功でした。転職による収入増が大きく効いた格好でした。もうちょっとほしくはありますので、実績を積みつつより良い環境も探していきたいと思います、なんてところで振り返りはおしまい!

各月のおすすめ記事。

続きまして、それぞれの月でおすすめの記事をご紹介するコーナーにござる。今年は環境と心境に変化があり、これまでのような「一日一記事」スタイルではなく「量より質」になりました。そのため、だいたい金曜日に刀剣目録をひとつ、火曜日あたりにフリーの記事をひとつといった具合。今後、これより記事数が増えることはあっても、減ることはないはず。そんな方針が定まった一年にござった!

ひとつの記事に時間をかけるようになったため、随筆カテゴリやそれに準ずる内容の記事が増えています。ゆえにここでご紹介する記事も、だいたいそんな感じ。

睦月

とあるハイランダー兄貴の乳首問題が発端となり、フォーラムはもちろん SNS でも話題になった一件でした。個人的には「私は使わないけれど、周囲の害とならないよう配慮できるなら好きにすれば」のスタンスです。ただまあ、こういう問題を起こす人はその配慮や思慮が足りないから話題になるわけなんですけれどね₍՞◌′ᵕ‵ू◌₎

如月

フスィーッ……。

弥生

香川県のアレについて追いかけてきた記事のまとめです。こうしたおろかムーブは他山の石とし、自らの知見や感性を磨き続けなければ、と思った一件でした。

卯月

エイプリルフールにござった。Youtuber やりつつブログも書いて……なんて専業じゃないと難しいなぁと実感。個人事業主になるか……₍՞◌′ᵕ‵ू◌₎あと朱雀ちゃんは今年もかわいかった。

皐月

侍として歩むことを決めた、もしくは以前取得して装備は処分しちゃったけど再開したい、という方に向けた取り組みを始めたのがこの頃。現在も継続して出品しており、延べ 171 本を送り出しています。こう考えるとなかなかすごい数字かもしれません。これからもエオルゼアに留まる限りは続けてまいります。

水無月

侍初心者向けのインスタンスダンジョン向け指南と、エオルゼア世界観の考察記事がおすすめです。こうして並べてみると、侍のほうは理論ではなく体験で会得したものが多いせいか、言語化が進んでいないのですよね。世界観考察は言語化しなければ整理できないレベルなのもあって割とスムーズなのですが(ृ ‘꒳’ ृ)

文月

冒頭でご紹介しましたが、パソコンを新調した顛末をまとめてあります。インストール作業とかの色々でブログ更新はちょっぴり少なめの月でした。

葉月

世界観と NPC ランジートの考察がおすすめ&人気。ちょうど BLM (※黒魔ではない) が盛んだった頃でもあり、関心が高かったのかなと思います。ランジートは私の趣味。そして侍イベントも何度か実施することができ、交流ふくめてとても楽しくプレイできました₍՞◌′ᵕ‵ू◌₎来年もやりたいでござるね。

長月

精霊銀打刀に続き、朱雀直刀【輝】も供給していくことにしました。現時点でたぶん 50~60 本は送り出しているはず。また、世界観考察の一環として第一世界における刀や侍のことを探ったりしました。記事を書くにあたり調べたり学んだりができて楽しかった!

神無月

Patch 5.35 で実装された「南方ボズヤ戦線」に登場する NPC を通して、エオルゼアにおける様々なひずみや軋轢に触れた記事です。本筋では触れられない、避け得ない悲劇が描かれたストーリーはなかなかにインパクトがあります。

霜月

食事が人間の根幹をなすのは現実世界もハイデリン世界もいっしょ。各国の食文化を、地理や風土から再確認してみた記事です。第一世界にも触れたかったのですけれど、長くなりすぎるのと、どうしてもイモムシのお話に引っ張られそうなのでやめておきました₍՞◌′ᵕ‵ू◌₎

師走

季節外れな夜露の記事です。エメトセルクランジートと同じくらいお気に入りのキャラクターで、この記事でも語り尽くした感はぜんぜんありません。でも、その思いの塊をあえて形にせず、携えておくのもいいのかな、とちょっと思ってもいます。

本年のおわりに。

今年は新型コロナの影響で、辛い思いをされた方も多かっただろうと思います。FFXIV の開発体制も対応を余儀なくされ、メジャーパッチのリリースが月単位で遅れる事態も発生しました。そしてまだ出口は見えず……日本のみならず世界各地で、どこか停滞した重苦しい雰囲気に包まれたままといえます。ただし、どこかの提督が「不可能は人が作り出す」と語ったように、この荒波をうまく御しきることができれば、この経験は必ずや血肉となってくれることでしょう。もちろん、その出血がつらいわけですから、行政支援などは積極的にしていただきたいし、そのための負担なら私にも……という現実世界のことはひとまず横において。

エオルゼアでは、新生から続いたアシエン・ハイデリン関連のお話が一区切りするとされます。どのような結末を迎えるのか、そしてどのような新しい冒険が続いていくのか。私もあなたも、自分の楽しめるかたちで楽しめる来年となりますよう祈念して、今年最後の更新はおしまいにござる!良いお年を!

定期報告の最近記事

  1. 2020年を振り返って。

  2. 花鳥風月的2019年振り返り。

  3. 【月報】2019年7月の振り返り。

  4. 【月報】2019年6月の振り返り。

  5. 【月報】2019年5月の振り返り。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去目録

PAGE TOP